ジープ パトリオット  スロットル交換 | |central(セントラル)|外車|輸入車|修理|車検|ワンオフ|カーオーディオ|長崎|

ジープ パトリオット  スロットル交換

オーナー様より、メーターにイナズママークが表示され回転がが上がらなくなる

との事で先日、出張診断にお伺いしたところ

電子スロットルの不良と判明、交換する事になりました。

早速、交換作業にとりかかります。

先ずは、吸入口とエアクリーナBOX及び

エアクリーナBOXとスロットル間のダクトを外します。

スロットル側のホースバンドは直視できないので手探りで(笑)

スロットル自体は6MMボルト4本

ステーの取り付け8MMボルト1本の計5本でOKです。

↓がステーです。

奥の方にあるので少々やりにくい(笑)

5本のボルトを外し、いつもの知恵の輪?

車両より取り外しました。

←新品    既存品→

よく見るとカプラー形状が違います。

今回は純正部品ですので対策品ですね♪安心できます♪♪

対策品用のカプラーを車両ハーネスに加工接続が必要です。

 

スプライスにて接続、更にハンダ付けを行います。

JEEPの指定方法です、スプライスは何故かサイズが合って無かったので

当店の在庫を使用しました(笑)

ハーネス加工も終了!新品スロットルを組みつけていきます。

当然、Oリングも新品に同時交換♪♪

隙間から腕を入れて

知恵の輪?

取り付け終了♪

後は逆の手順で組み上げていきます。

作業完了後に初期学習を行い、ロードテストにて調子を確認。

ついでに、エンジンルームのクリーニングも行いました。

オーナー様は車両の買い替えも視野に入れてたみたいですが

調子が良くなった愛車に乗ったら、きっと乗り続けて頂けるとおもいます♪