BMW修理

BMW E90 バルブカバー交換

先日、AT載せ替えの際に気付いたオイル滲みの車両です。

バルブカバー(タペットカバー)のガスケットも同時交換する事になりました。

交換する部品はこれです。

アルミボルト仕様の為に、ボルトも交換します♪

部品商との会話ですが

 

部→特殊ですね、工具あるんですか?

私→ありますよ♪

部→他店だったら、借りてきて!と言われるパターンだ(笑)

私→・・・借りて来てくれるの???(笑)

部→ダメです(笑)

 

はい、当然ですが工具は揃っているので作業にかかります♪

流石、フロントミッドシップ!毎度の事ですがバラス部品が多いです(笑)

エンジン後方のアッパーカウルを外し、エンジンカバーを外し・・・

やっと、出てきたバルブカバー(タペットカバー)

エンジンルームを横切るハーネスも見事に?邪魔してくれます(笑)

ECUのカプラーをバラシて余裕を作って

 

本題のバルブカバー(タペットカバー)の取り外しに♪

エンジンを可能な限り後方へオフセットさせているので、セ・狭い!

 

フューエルインジェクターもデリバリーパイプごと取り外します。

 

やっと?取り外して

新品のガスケットを組みつけていきます。

TOTALで22本のボルトですが、プラグ側の3本は形状・長さが違うので注意です!

後は、逆の手順で組み上げていきます♪

 

折角なので、見えなくなりますがバルブカバー(タペットカバー)を綺麗にして

エンジンカバーもクリーニング♪♪

ついでに、拭き拭き(笑)

最終チェックを行い、診断機にてフルシステムを再度チェック!

 

・・・

 

・・・・・

 

何か、エラーが!

 

・・・

 

エアコンの吸入空気の状態を見るセンサー!

 

・・・

 

はい、センサー不良でも吸入空気が汚い訳ではありません(笑)

フィルターの状態は確認してます。

ディーラーでは交換を勧めると思いますが、世界的には修理してない(笑)

 

AT載せ替えも同時作業でしたので、念入りにロードテストを行いました。

 

オーナー様、安心してお乗りください♪

ロードテストの最中も一切の不具合を感じませんでした♪♪