ポルシェ カイエン ドアロックモーター交換の施工事例

ポルシェ カイエン ドアロックモーター交換

助手席のドアがロックしたまま開かない

内張は壊さないといけないでしょうから、準備してます。

と、オーナー様よりのご依頼でご入庫しました。

早速、症状を確認するとモーターが動こうとしている音はしますが

全く開く気配無しです、この状態の場合ショックをあたえながら解錠すると運が良ければあくこともあるので

早速!

 

・・・

 

もう一度

 

・・・・・

 

更に何度も

 

・・・・・・・開かない

 

やるしかないですね

運転席より乗り込み助手席側へ

仕方がないので、用意して頂いてた内張りを使えるのでカットさせていただきます。

やっと、インナーパネルが全面見える状態に

運転席側のドアを目視でモーター位置を確認して

インナーパネルを穴あけ!

本来はインナーパネルを取り外しての作業ですが、ドアが開かない事には取り外し不可です。

 

開けた穴からベルトサンダーにてドアロックモーターを削り込んで

モーターを取り出しました。

この時点で、施錠出来なくなりましたので完成までお預かりする事に

 

お預かりついで?

メーターのバックライト修理の為にメーターを専門業者様に送る事にしました。

早速、取り外して梱包・発送させて頂きました。

 

さあ!ドアの続きです!!

モーターが付いていた所をのぞき込むとギヤが見えます

このギヤを回して

開かずの扉がやっと開きました♪

この状態までくれば、あとは部品交換です。

ドアパネルよりインナーパネルを取り外して

ヤット?ロックユニットに辿り着きました。

ここで、新たな問題発生!

なんと、国内にパーツ在庫が無い!!本国オーダーで納期が1か月!

う~~ん、困った!開かずの扉が閉まらずの扉に・・・

 

・・・!

 

VW トゥアレグと同じ部品のはず!!

外したユニットより部品番号を確認して早速発注♪

 

ところが

VWの正規輸入車は右ハンドルの為に左ハンドル用の右ドアのユニットは別発注のため3か月!!

 

・・・どうしよう

 

そうだ!中古部品!!

いつもお世話になっている業者様へ問合せをしたところ

 

全営業所共に在庫なしとの返事が・・・

 

こうなったら、同じ部品を使っているポルシェ・VWを徹底的に調べて

該当車種にて再度調査です。

 

ありました♪やっと見つかりました♪♪(流用車種は内緒です)

ユニットさえあれば出来上がったも同然?ある種の錯覚まで(笑)

届いたユニットは別の車種のためブラケットやワイヤーを移植して

車両へとりつけていきます(あれっ頭の地肌が・・・)

 

ドアのアウターハンドルを取り付けて

 

インナーパネルを取り付けていきます。

ハーネスを取り付けて

ユニットのブラケットをオリジナル通りにリベットで固定し

 

パワーウインドウモーターも元通りに♪

 

インナーパネル上部はオリジナル通りのリベット固定

 

ドアミラーはハーネスが邪魔だった為に外しておいたので取り付けて

 

 

ドア内のハーネスを復旧して

この状態で動作確認、今回は中古且つ流用なので念入りに確認しました。

 

開けた穴は、雨水侵入・風切り音の原因になるので

オーディオ取り付けに使用しているもので塞ぎました♪♪

いよいよ、ご用意されていた内張りの出番です!

ミッドレンジスピーカーのカプラーとインナーハンドルのワイヤーを取り付けて

 

後は、ショートパーツのみ♪♪

遂に完了です♪♪

オーナー様、お待たせしました!

 

と言いたいところですが

 

メーターバックライト不点灯の修理が難航?

もう暫くお待ちください。