フェラーリF430 F1マチックのクラッチ交換 その2

フェラーリ F430 F1マチック車のクラッチ交換 その2

クラッチ交換、後編です。

本題のクラッチ交換の作業に入ります♪

クラッチKITとフライホイルを分離していきます。

 

新旧比較です

この貫通してない穴!なんだか判りますか?

 

答えは!

 

 

 

回転バランス施工の為のものです♪流石、フェラーリ純正♪♪

時々、e-bay等で安く買った!との記事を見かけますがOEMメーカーのap・Valeo等のパーツ

当然、バランス取りはされてない物が殆ど、たまにフェラーリ純正のものもありますが価格はそれなりです(笑)

 

外したクラッチKITも画像の上の方に2個ありますね♪

レリーズベアリングの痕がしっかり付いてます、交換しておいて正解でした。

 

新しいクラッチKITを取り付けます♪♪

 

 

さあ!ミッションの組み付けです。

横向きで待機?していたミッションを立て向きに

上下・左右の角度を正確にあわせて

エンジンと繋がりました♪

 

この車両はエンゲージメントセンサー(シフトポジションセンサー)のエラーメモリーがありましたので

安心して乗って頂けるようにセンサーも同時交換します。

 

F1マチックのシフトユニットを取り外して

このセンサーを交換します、シフトレバーの前後の位置・左右の位置を2個のセンサーで測定しているイメージですね。

・・・シフトレバーはありませんが・・・

 

 

センサーを交換したら、シフトユニットを取り付けます。

 

その前に、残っているガスケットを綺麗に取ります。

シコシコと

スタッドボルトもシコシコと

 

ガスケットを塗布後に組み付けです。

シフトユニットはOK!

 

ドライブシャフト・遮熱版等を取り付けて、マフラーの取り付けへ

マフラーのステーを固定

 

・・・

 

・・・・・!

 

・・・左側のステーが・・・折れてる・・・

ここで作業を中断する訳にもいかないので・・・続行します、ステーは後程(汗)

 

仮付けです(笑)

 

 

サブフレームを組み付け

 

他のパーツの復旧作業

マフラーは手の油が焼き付き、後日 手形が浮き出てこないようにグローブを使用(笑)

 

あと一歩です♪

ここで、一度 拭き拭き♪

 

・・・?

 

この跳ね馬は?

 

・・・

 

・・・・・

 

たまたま、エンジンフードのガラスのものが照明の角度で映り込んだものでした(笑)

 

マフラーステーですが・・・

溶接の為に錆を落として

通常でしたら溶接作業に入るところですが・・・

 

溶接機の前にはアンダーパネル・リヤバンパー・ディフューザー他 外したパーツが山ほど・・・

 

・・・!

 

あのお方へお願いしよう!!

今年の6月に出張オイル交換にお伺いした場所です♪

ワンオフパーツでも頼りにしているS製作所♪♪

TIG溶接にて施工して頂きました♪♪

 

バッチリです♪いつもありがとうございます♪♪

 

クーラントを注入、当店お勧めのWAKO’sスーパークーラント♪

 

エンジンオイルはMOTUL300V

 

F1マチックフルードのエア抜き・補充を行い

 

 

リアバンパーの取り付け

 

アンダーパネルの取り付け

 

 

ディフューザーも取り付けて

完成と言いたいところですが、フロントの車高が低すぎなので車高調整です。

 

車両より取り外し

スプリングを縮めたのはスプリングシートのラバークッションの負担を考慮したためです。

調整後に車両組み付けて

 

タイヤを取り付けて作業完了♪

 

TEXA診断機を使用してクラッチのリセット・シフトの自己学習を行い

トランスミッションの各項目の実測値を確認、完了しましたが・・・

 

最後の作業・・・苦手な内容

エンジンルームにLEDテープが取り付けてあったので

両面テープを地道に剥がして ← これが苦手な作業です(笑)

ブツブツ、ブツブツと

はぁ~・・・ブツブツ・・・はぁ~・・・ブツブツ を繰り返してやっと

新しいテープで

ここまでくれば無口になります(笑)

 

LEDテープを張り付け、配線を繋いで

 

完成です♪♪

 

ロードテストを行いました、交換前は繋がりが遅かったのがバッチリ戻りました♪

オーナー様のお迎えを待つのみです、きっとオーナー様も満足して頂ける状態です♪♪