MB CLS TVキャンセラー取り付け♪ | |central(セントラル)|外車|輸入車|修理|車検|ワンオフ|カーオーディオ|長崎|

MB CLS TVキャンセラー取り付け♪

オーナー様より、走行中にTVを見れるようにとの依頼です。

当然のことですが、同乗者の方の為のものです。

納車直後で車両に埃等が無かったので保護シートを使用しました。

出張作業の場合は、先に洗車ができないので普段は貼らずに作業を行っています。

靴を脱いでの作業はいつも通り(笑)

車内が泥だらけの場合は靴を履いてますが・・・

取り付け作業の為に取り外しが必要なコンソールパネルにも保護シートを使用して

コンソールパネルに繋がっているカプラーを外していきます。

カプラーの爪が小さい場合は画像のように精密ドライバーに手伝い?をしてもらい

無事にコンソールパネルを取り外し、オーディオのコマンド(ユニット)の取り外しにかかります

このコマンド(ユニット)のメインカプラーにボディーコンピューターとデジタル相互通信している

CAN信号があります。

オリジナルの配線に長さの余裕がない為、メインカプラーを取り外すのも直視できません(笑)

慣れたカプラーなので、ブラインド作業・・・過去に目を閉じてても出来るんじゃ?と言ってくれたオーナー様がいました(笑)

当然ですが、それは無理です♪

CAN信号は専用ターミナルにての接続のため、確実ですが、

TVキャンセラーの電源配線は別施工です。

画像の様にスプライスを使用して確実な配線を行います。

エレクトロタップ等の経年劣化で接触不良の危険があるものは当店では一切使用しません。

接触不良が起きると、TVキャンセラーと言えども、走行不能になる場合もあります。

取り付けるTVキャンセラーは、画像の通りPB製♪

今までのTVキャンセラーの中で、ダントツに信頼性があります。

当店おすすめのメーカーです♪♪

今後、整備修理等でキャンセラーを外しオリジナルの回路に戻す必要があるかもしれないので

キャンセラー本体はアクセスしやすい場所に固定。

キャンセラー本体の故障は過去に一度も無いのですが、車両側のオーディオのコマンド(ユニット)が

故障の場合等の時に、ボディーコンピューターと通信させる必要があるためです。

外した、各パーツを取り付け作業完了です。

動作確認後、オーナー様へ完了の案内♪

真っ直ぐ家に帰りたいのですが、店舗にてやりかけの車両があるので・・・

大急ぎで戻ります(笑)