アウディーTT クーラント漏れの修理

Audi TT クーラント漏れ修理

クーラントの漏れ修理にてご入庫です。 オーナー様が既にサーモスタットケース辺りより漏れてるとご承知でしたので、 先日、確認及び部品発注済でした。 早速、作業へかかります♪ 流石、アウディー!狭いです(笑) 眺めていても漏れは止まらないので覚悟を決めて? クーラントホースを外し、クーラントを抜きます。 狭いけど、何とかアクセスできます♪ 知恵の輪(笑)をしながら隙間よりスロットルボディーを取り出します。 産まれました! さあ、本題のサーモスタットケースはウォーターポンプごと取り外しです。 今更ですが、クリーナーboxが邪魔なので取り外すことに こうすると車両左側(画像右側)よりアクセスが随分楽になります。 ウォーターポンプごと取り出すので、邪魔になるホース類の取り外し。 やっと、ウォーターポンプがはずれましたが、知恵の輪(笑) 何とか取り出せました♪ サーモスタットケースとウォーターポンプを分割し、Oリングを交換 サーモスタットケースを新品に交換します。 あれっ、さっきはどうやって取り出したっけ?(知恵の輪) ベルトをかけながら、定位置へ(なかなか難しい) 無事に定位置へ納まりました♪ スロットルボディーも戻して ここまでくれば後はアッという間に組み上げ♪ 出来上がりました♪後はクーラントのエア抜きです♪♪ いつものように診断機にてサーモスタットの開閉を確認 最終点検も終わり納車を待つだけです。 オーナー様、もうクーラントの量を気にせずに快適にお乗りください♪ ・・・隙間が少なかったので腕がヒリヒリ・・・帰ったらオロナイン塗ろっと(笑)