BMW E60のオイル漏れ修理です。

BMW E60 オイル漏れ修理

オイル漏れ修理のご依頼です。

 

漏れている場所はバルブカバー(タペットカバー)付近、バルブトロニックのモーターのガスケット!

多少の滲みも確認されたので、バルブカバー(タペットカバー)のガスケットも同時交換します。

 

アンダーパネルを取り外して

 

う~ん、シットリしてます。

オイル・フィルターも交換依頼がありましたので

先ずは、オイルを抜いてから

 

さあ、バラシますか!

毎度の事ですが、フロントミッドシップに拘るBMW、バラス部品も多くなります(汗)

 

やっと?エンジン側(笑)

バルブカバー(タペットカバー)に辿り着きました♪

 

点火コイルを取り外し

 

 

ハーネスを外して、バルブトロニックのモーターの取り外し

 

 

バルブカバー(タペットカバー)も外すので、フューエルデリバリーを取り外して

 

やっと?インテーク側のボルトとご対面です(笑)

 

バルブカバー(タペットカバー)を外していきます。

 

えっと、なにか忘れているような・・・

 

 

・・・!!

ボルトが一本、オイルに溺れてました(笑)

 

パカッと

気になるスラッジ等はありませんでした。

オーナー様のオイル管理の良さですね♪♪

 

ゴムがカッチカチです(汗)

ちぎれた(割れた)カスが落ちないように気を付けて

無事に撤去完了♪

 

新品のパッキン、当然ですが柔らかいです(笑)

 

センサーホールのOロング・バルブトロニックのモーターのガスケットも新品♪

 

バルブカバー(タペットカバー)へ取り付けて

 

エンジンへ取り付けます

後ろ側は狭いので、チョットしたコツ?が必要(笑)

 

ボルトの長さやカラーの形状に気を付けながら取り付けます。

DIYで行う場合は順番に並べていた方が良いですよ!

既定トルクで増し締めして完了です。

 

インジェクターのOリングは再使用の為に清掃後、シリコングリスを塗布して

 

バルブトロニックのモーターのガスケットは上下があるので気を付けて♪

 

バルブトロニックのモーターを取り付けます。

カムがわのスプラインを押すようにしながら、規定の位置へ取り付けます。

モーターの初期値の学習(診断機が必要)も忘れずに!

 

ご入庫時に、僅かですがミスファイアしていたので点火プラグも新品に♪

 

点火コイルを取り付け

 

学習・点検後にエンジン始動

あまり見かけない左ハンドルです♪

 

アッパーカウル・エンジンカバーを取り付け

 

アンダーパネルは取り外してクリーニングしました♪

アンダーパネルを取り付けて完成です♪

 

エンジンルームより嫌な臭いや煙はもうありません♪

安心してドライブを楽しんで下さい♪♪