BMW 電動ウオーターポンプ交換,

BMW 325i M-Sport ウォーターポンプ交換

先日、ABS異常にて出張診断したところ

右前のスピードセンサーが原因でした!

 

・・・出張ついでに?診断範囲を車両全部おこなったところが!!

 

ウォーターポンプをはじめ全部で7つのエラーコードが見つかり車両をお預かりする事になりました。

 

改めて、全診断を行った結果は

バッテリー交換の際に入った故障メモリー&ATへのスピードセンサー不良によるものでした。

 

ウォーターポンプは全く別で故障メモリーが残っていたので

今回はウォーターポンプ&サーモスタットの同時交換及び

右前のスピードセンサーの部品交換となりました。

 

ウォーターポンプを車両より取り外す際に、邪魔になるのラジエータファンを先に取り外して

 

何とか、手が入る隙間からコソコソ(笑)と外していきます。

 

取り外したウォーターポンプ

 

取り外したサーモスタット

 

↑新品です、OEMの優良部品♪

 

優良部品はゴム製のインシュレーターも付いてます♪

いつだったか?ネットで購入したと言うパーツを持ち込まれたオーナー様がいましたが

インシュレーターは付いて無く再使用した事がありました(笑)

 

ウォーターポンプを固定してあるボルトも新品です♪

アルミボルトの為、再使用不可です。

 

ゴニョニョと隙間よりウォーターポンプ&サーモスタットを取り付け

 

ラジエータファンを取り付けアンダーパネルを取り付け

 

エアクリーナBOX・エアーダクトを戻して

 

クーラントを注入

仕様したのは、当店お勧めのWAKO’S POWER COORANTです♪

 

 

スピードセンサーも交換して

 

診断機にて水温を確認しながら、ウォーターポンプ回転数・サーモスタットの開弁の確認を行い

ロードテストにてスピードセンサーの確認も終了♪

 

オーナー様より依頼のオイルフィルターも交換して

 

後は♪

アンダーパネルを取り付け作業完了です♪♪

 

そういえば、部品入荷待ちの間に

オーナー様より依頼があったバックカメラの点検

トランクルーム内の内装を外していくと

 

・・・!

 

・・・・・地デジチューナーが!!!

 

更に室内の内装を外し、配線をたどっていくとS/Wがありました!

 

・・・パチリと動かすと

 

・・・・・バックカメラ&地デジが映りました(笑)

 

そうです、S/Wの切り替えだけで何も悪くありませんでした!

何かの拍子に触ってしまったのだと思います。

 

納車の時に、オーナー様へS/Wが付いていることを併せて説明させていただきました。

映像が出ない原因に辿り着くまで遠かった(笑)

 

これから、暑い季節がやってきますが

安心してドライブを楽しんでください♪