BMW E90 のAT積み替え作業他

BMW e90 AT積み替え他

AT異常の為に、ディーラーへ修理見積りを・・・高額の為

同一車両に買い替えて、各パーツを移植を視野に入れてたオーナー様でしたが

相談の末に、当店で中古のATに積み替えの方向で♪

中古のATなので、修理代金は3分の1くらいです♪♪

 

念の為に、故障個所を診断機にて確認してみると

ソレノイドバルブの不良でフェイルセーフモードに

メカトロニクスユニットの交換でOKですが、中古ミッションASSYのほうが安価なので積み替えです。

 

 

早速、届いた中古ミッション

 

早速、積み替えにかかります。

リフトアップしていつもの儀式

アンダーパネルの取り外し

何故か?毎回一番面倒くさい作業の気がする(笑)

 

マフラーを取り外して

 

ATFを抜き取り

 

プロペラ(ドライブ)シャフトを取り外して

 

トルクコンバーターとフライホイルの固定ボルトを外し

 

 

ミッションの後方よりエンジンとミッションを固定しているボルトを外して

 

ミッションASSYを車両から降ろします

 

届いた中古ミッションへ各パーツの移植を行い

 

ミッションジャッキへ

マウントを移植後

 

トルクコンバーターを取り付け

ミッションのシャフトとトルクコンバーター内のスプラインは2段階に合わせないと入りません

回転させながら2段階めをあわせて更に押し込み

バッチリ入りました♪

 

車両へ取り付けていきます。

 

ミッションのコントロールハーネスを取り付けて

ATクーラーホースを取り付け

 

ミッション後方よりエンジンとの接続ボルトを固定

 

フライホイルとトルクコンバーターを固定して

 

 

プロペラ(ドライブ)シャフトを取り付け

 

マフラーを取り付け

 

ATFを注入

 

仮締めを行い、エンジン始動!

 

規定の方法にてATFの量を適正にして

載せ替え終了です♪

 

ATの不具合以外にドライブベルトのテンショナーとドアロックモーターの不具合もありましたので

入庫ついで?に交換です。

 

テンショナーの取り付けボルトが

 

・・・

 

・・・破損している!

 

・・・・えっと

 

・・・・・

 

ボルトとテンショナーをベルトサンダーで削り込んで取り外しました!

新しいテンショナーとボルトを使用して取り付けます。

ラジエータファンとオイルクーラーを取り外しているのはベルトサンダーを使用するスペース確保の為

通常のテンショナー交換では必要ないです(笑)

 

ドライブベルトを取り付けて

オイルクーラーとカバー取り付け

 

ラジエータファンを取り付け、ウォーターラインを組みつけ

 

エアクリーナBOX及びダクトを取り付け

完了です♪♪

 

・・・

 

あっ!ドアロックモーター交換の画像撮り忘れた!!

実は、大変だった作業です。

リアドアのロックがかかった状態での故障の為、ドアが開かない(笑)

何とか、ドアが閉まったままの状態で内張を取り外してモーターにアクセス

5MMもないモーターの可動部の隙間からモーター内部の部品を動かしてロック解除するまでに

約2時間もかかりました、ドアが開けばモーター交換自体はあっという間に終了(笑)

 

オーナー様、復活した愛車でドライブを楽しんでください♪♪

まだまだ、長くのれますよ♪