ポルシェ ボクスター(986)ドライブベルト交換の作業内容

ポルシェ ボクスター ドライブベルト交換?

オーナー様より、電話にてウォータポンプ交換の見積もり依頼がありました。

見積もり連絡の際に、詳しく話をお聞きしたところ

ウォータポンプの不具合では無さそうなので、先ずは現車の確認をさせて頂きました。

 

車両を積載車にて搬送し、早速リフトアップ!

不具合箇所を限定していきます。

 

アンダーパネルを取り外すと

切れたドライブベルトがダラリ、カスがボロボロと落ちてきました(笑)

 

残りのベルトの残骸を取り除き

隙間より各プーリーの状態を触診します。

全てのプーリーのガタや動きを確認してみると

特に異常は在りませんでした♪

 

オーナー様へドライブベルト交換及びクーラントの補充のみをお伝えしたところ

快く作業依頼を頂きました♪

 

早速、作業にかかります。

この車両のドライブベルトは室内側より行います。

先ずは、ルーフをOPEN!

こうすると、凄く作業がやりやすい♪

 

運転席・助手席の後方の内装を取り外すと

アルミ製のコンパートメントプレートが出てきます。

エンジンはこの後方に、水平対向エンジンが縦置きで♪・・・ポルシェですね♪

 

コンパートメントプレートを取り外すと

本来、ドライブベルトが掛かっている各プーリーが見えます。

再度、各プーリーの動きを確認・ベルトのカスを徹底的に除去して

 

ドライブベルトはエア便にて取り寄せたので翌日には届きました♪

ドライブベルトを取り付けていきます。

いつもでしたら、取り外し作業が手前であるのでベルトの掛け方は悩まないのですが、

今回は無い状態からの作業の為にマニュアルをカンニング?しました(笑)

 

ベルトが破損した際に、水温が急上昇したため(オーナー様がウォータポンプを疑った原因)

クーラントが沸騰し噴出したために補充とエア抜きも行います。

撮影を忘れてましたが、タンクキャップの前方にエア抜きバルブがあります。

作業の際は、バルブを開いて行いました。

 

エンジン始動後、保有しているTEXA診断機にて水温の確認を行いながら

サーモスタットの開閉を確認します。

スーパーカーソフトもインストールしてありますので、ポルシェもOK♪

 

クーラントのエア抜きは、電動ファンが2回廻るとOK?よく耳にしますが・・・

最近の車両は電動ファンの動きもECU管理で様々な条件で廻るので、あてになりません(笑)

 

エンジン(各プーリー・補器類)からも異音は在りません

ドライブベルトの寿命が今回の破損の原因で間違いありませんでした♪

コンパートメントプレートを取り付け

 

内装を組み上げて

 

アンダーパネルを取り付けて、作業完了です♪♪

 

 

ベルトが切れる前なら、1時間かからない作業ですが、今回は多少時間がかかりました(笑)

改めて、日頃の点検の大事さが身に染みてます。

皆さんの愛車は大丈夫ですか?

・・・

 

・・・・・

 

・・・・・・・

 

積載車のオイル交換、忘れてた!!