ポルシェ カイエンのクーラント漏れの修理です。

ポルシェ カイエン クーラント漏れ修理他

室内で水の流れるような音が聞こえるとの事です。 クーラント漏れ修理も同時入庫です。 試運転してみると、確かにチャプチャプと言う音がシート下の外側より聞こえます。 カイエン(VWトゥアレグ)にはよくあるサイドシルの水抜けの不良ですね、 早速、作業へ♪ サイドシル下部のグロメットを取り外すと ジャバーっと、勢いよく溜まっていた水が出てきました。 外したグロメットは 本来、水が抜ける形状ですが、防錆ワックスが流れて詰まった状態です。 分解して・・・交換しても高い部品ではありませんが・・・ 綺麗に清掃します う~ん、美しい♪新品みたい(笑) 取り付けて、終了です。 こんなに泥の塊や防錆ワックスが2個のグロメットに詰まってました! 防錆ワックスは夏場に熱で流れるので仕方ないですね、 錆の発生を防ぐ為に真面目に作られている車両の宿命? さあ、本題のクーラント漏れの修理にかかります。 漏れている場所は スロットルの下部・後方です、インマニを外していきます。 点火コイルカバーを外して インマニを外していきます インマニに繋がっているホース類を外して やっと、破損している部品が見えました。 フューエルデリバリーの下をとおっているクーラントデリバリーパイプです。 ポートに異物が入らない様に養生を行い フューエルデリバリーを取り外し やっと本命に T字型の部分でポッキリ折れてます! 新品は 当然ですがT字型 エンジンヘッド側の取り付け部分もプラスチックがボロボロ がんばって取り外しました♪ 新品のパイプを取り付け フューエルデリバリーを取り付けます・・・なんだか見たことがある虫みたい・・・ ・・・! 尺取虫だっ!! モヤモヤから解放されて? インマニの取り付け ホース類も接続して 点火コイルカバーを取り付け サクションホースをスロトルボディーと接続し ほぼ、完了です♪ クーラントを注入して 診断機にて水温を管理しながらクーラントのエア抜きで完了です。 水漏れを直したり、溜まった水を抜いたりと入れたり出したりの作業でした(笑) さあ、納車です♪オーナー様、安心してお乗りください♪♪