フェラーリ 348ts タイミングベルト交換

フェラーリ 348ts タイミングベルト交換他 その1

タイトル通り、フェラーリ348tsのタイミングベルト交換・シール類の交換です。

下回りは、僅かなのオイル滲みがありました。

オーナー様と相談の上、シール類も同時交換させて頂く事になりました♪

う~ん、やっぱりリトラが好き(笑)

 

眺めていたいのはヤマヤマですが、作業にかかります!

フェラーリならでは(笑)ほぼ、左右対称のレイアウト♪

リアフェンダーからピラーへの立ち上がりの為、横からのアクセスが遠いです(笑)

保護シートを左右共に貼ってから

 

エンジンフードを取り外して

 

エアクリーナBOXを取り外し

 

エンジンを降ろす為に各ホース類を取り外して準備を進めていきます♪

 

エンジンオイル・ミッションオイル・クーラント等を抜きながら

 

タイヤ・インナーライナーの取り外し

ここまでバラスとエンジンが横からも覗けます

 

燃料ホースを取り外そうとしたら

 

・・・ガソリンの滲み!

 

リターン側のホースだったので被害は最小限でしたが

左バンクのエキゾーストのカムシールが痛んでたのは、このガソリンに侵されたのが原因です。

 

右バンクは大丈夫、クーラントホースも取り外して

 

シート後方のコンパートメント(隔壁)に納まるECUを取り外し

ECUは2個、左右をそれぞれ独立してコントロールしてます。

片側だけでも動く?やってみたいのですが・・・やめておきます(笑)

 

おまけの画像

ドアのダクトより希望の灯りが!

滅多に見られないアングルです♪

 

キャニスターを取り外し

ブレーキライン・クラッチライン・シフトワイヤーを取り外して

 

エンジンクレーンで上からサポート

 

リアフレームをボディーより取り外して

リフトを上げていきます。

前後の傾きを調整できるように、ラッシングベルト(荷締めベルト)を追加しました。

 

 

 

リフトを上げていきます。

 

フレームの下をリジットラックで支えて

エンジンクレーンを外して

エンジン降りました(ボディー上がりました)

 

ボディーさん、エンジンはお返ししますので暫く上で待っててください(笑)

 

ここからが、本題の作業になります。

左バンクのスプロケット

タイミングベルトケースを取り外して

 

クランクを回せるようにプラグを取り外し

 

各スプロケットとベルトにマーキングしてからタイミングベルトを取り外し

 

カムシール交換の為、スプロケットをカムシャフトから取り外して

 

ひと段落です、交換部品は

 

・・・

 

・・・・・

 

山盛り!

この続きは その2 をお待ちください。